読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

ドクターイエローの車内特別見学ツアーが最高だったので内容を徹底紹介

新幹線
スポンサーリンク

見ると幸せになると言われている黄色い新幹線ことドクターイエロー。

黄色の新幹線ドクターイエローとは?

ドクターイエローは、ざっくり言うと新幹線が走る線路や架線の状態などを検査して異常がないかをチェックする専用の黄色い新幹線の愛称で、正式名は新幹線電気軌道総合試験車といいます。

東京駅から博多駅間を検査していて、それ以外の新幹線区間はまた別の車両が検査を行っています。

当然ですが、私達一般の人が乗車することは通常出来ません。

ドクターイエロー - Wikipedia


【2016】踏切通過 !!! ドクターイエロー !!! +洗車シーンも !!?

走っている姿は滅多に見ることができないために、冒頭でいったように「見ると幸せになる」なんて噂が広まっています。

ドクターイエローの時刻表

ドクターイエローの正式な時刻表は公開されていません。

しかし、毎月ある程度決まった日程で検査は行われているため、まったく予想ができないわけではありません。

また、ドクターイエローを追っかけるマニアの方々などが目撃情報を掲示板にアップしてくれているので、その情報をもとに目撃地点を定めるといいでしょう。

8249.teacup.com

なお、ドクターイエローは基本的に東京から博多まで行った後、東京に戻ってくるので、戻ってくる方を狙う方が目撃し易いといわれております。

毎回満員御礼のドクターイエロー見学ツアー

今回そんな貴重な存在のドクターイエローの車内見学と一般初公開となるJR名古屋車両所の特別内部見学ツアーに参加してきました。

ツアーはクラブツーリズムと阪急交通の2社から発売され、大変人気だったようです。

私が参加したのはクラブツーリズムの方で全4回のうち、最後の11月21日のツアーに参加しました。

当初は80名の枠だったと思いますが、最終的には160名の参加となっていましたので相当反響が大きかったことが想像できます。

回送新幹線に乗車して一般初公開の名古屋車両所へ

東京から名古屋駅まで新幹線で行った後、一旦下車して、回送車となった新幹線"こだま651号"に乗車して名古屋車両所に向かいました。

自分達ツアー参加者以外は乗っていない新幹線というのも不思議な感じです。

車内では車内アナウンスで名古屋車両所までの間に電車が3回停止する理由や、座席のA,B,C,D,Eをどんな呼び方をしているかなどのクイズがあったりと中々興味深いお話を伺いながら、名古屋車両所へと向かって行きました。

一般初公開となるJR名古屋車両所

N700系の回送新幹線で名古屋車両所に入りました。

お隣には同じN700系とドクターイエローが止まっています。

車両所内における作業者の移動は自転車なのか、多くの自転車も見かけました。

一般初公開となるNR名古屋車両所

一般初公開となるJR名古屋車両所内

一般初公開となるJR東海の名古屋車両所内

名古屋車両所内のドクターイエローとN700系

新幹線の保守点検車両

名古屋車両所の外では、新幹線の線路を日々保守点検するのに活躍している各保守点検車両の説明と実際に動かして、線路の石を整える実演デモが行われました。

快適な新幹線を影で支えている人や機械に触れることができます。

新幹線の線路保守車両-バラスト整理車

新幹線の線路保守車両

新幹線の線路保守車両たち

 

JR名古屋車両所の外

ドクターイエローと名古屋車両所

JR名古屋車両所に止まっているドクターイエローの外観を色んな角度で見学しました。

普段中々見えない床下からの眺めなんかはたまりませんね(笑)

色い新幹線ドクターイエローと名古屋車両所

ドクターイエローと名古屋車両所

ドクターイエローの床下

ドクターイエローの車体下部

点検中のドクターイエロー車体

名古屋車両所に止まっているドクターイエロー

ドクターイエロー先頭車両アップ

ドクターイエロー先頭車両のカメラ

7両全ての車内を見学

ドクターイエローの外観を堪能した後は、車内見学です。

JRの方から説明を受けながら、7両を1両ずつ見学しました。

収集したデータを分析しているっぽい部屋では、エンジニアの方が、車両の進行方向からは90度向きを変えてパソコンとにらめっこしているので、最初のうちは乗り物酔いになるというお話もありました。

お話頂いた方自身の話では、ドクターイエローに乗車して4ヶ月経つが、最近やっと慣れてきたということで、人によっては1年以上たっても慣れないという方もいるそうです。

ドクターイエロー内部見学ツアーの様子

 

ドクターイエロー内部見学ツアー、測定室

ドクターイエロー内部見学ツアー、測定室2

ドクターイエロー内部見学ツアー、測定室3

ドクターイエロー内部見学ツアー、計算機

 

検査車両ということで、色んな装置を積んでいる都合上、通路は狭かったですね。

ドクターイエロー内部見学ツアーでみた通路

途中打ち合わせスペースもありました。

ドクターイエロー内部見学ツアー、打ち合わせスペース

先頭車両には大型ディスプレイがあり、先頭部分のカメラで捉えられた映像が見えるようになっています。

ドクターイエロー内部見学ツアー、先頭車両のディスプレイ

ドクターイエローの運転席で記念撮影

ドクターイエローの運転席も見学することが出来、ツアー参加者は運転席でJRの方が記念ということで1人1人丁寧に撮影をしてくれました。

ドクターイエローの運転席、内部見学ツアーより

ドクターイエローの運転席では記念撮影も

ドクターイエローのパンタグラフ観測室

天井を突き抜けた形でパンタグラフ観測室があります。

ドクターイエローの内部見学ツアー パンタグラフ観測室

ドクターイエローの内部見学ツアー パンタグラフ観測室その2

目視でも観測できますし、高性能カメラでもパンタグラフに異常がないかチェックしているようです。

まとめと見学ツアー情報

今回初めて一般公開された名古屋車両所を1時間弱堪能させて頂きました。

ドクターイエローを色んな角度でみたり、普段中々入れない内部を見学出来て、かなり満足度が高いツアーでした。

JRの方々も、1人1人丁寧に挨拶してくれたり、最後もお見送りしてくれるなど対応が素晴らしかったです。

次回こういうツアーがいつあるか分からないですが、あった時はすぐに申し込んだ方がいいと思うのでクラブツーリズム 鉄道の旅ページをちょくちょくチェックしてみるといいでしょう。