読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

iPhone7Plusのデュアルレンズカメラに対応してる無音カメラアプリ

iPhone
スポンサーリンク

iPhone7Plusのデュアルレンズカメラ

iPhoneとして初めて背面に2つのカメラを備えるデュアルレンズカメラを搭載することで光学2倍の撮影と一眼レフのようポートレート画像の撮影を可能にしたiPhone7Plus。

2つのカメラは1つが従来通りの広角レンズであり、もう1つが望遠側のレンズとなっています。

iPhone7Plusの広角側レンズと望遠側レンズ

iPhone7Plusのデュアルレンズカメラ仕様

2つのカメラの仕様を確認しておくと以下のようになっています。

  広角レンズ 望遠レンズ
F値 1.8 2.8
画素数 1200万画素 1200万画素
手ブレ補正 光学手ブレ補正あり 手ブレ補正なし
焦点距離 28mm 56mm

このデュアルレンズカメラをiPhone7Plusの標準カメラアプリを利用すると、シャッターボタンの上にある1x/2xをタップすることで広角側で撮影するか、望遠で撮影するかを簡単に切り替えられるようになっています。

iPhone7Plusカメラアプリで光学2倍レンズに切り替えい

光学2倍の撮影ができるようになったiPhone7Plusですが、国内で販売されているiPhoneには従来から自主規制のためか、シャッター音がしてしまいます。

更にiPhone7からはその音が爆音化してしまい、人前で使うのさえ気が引けるほどです。

そこで活躍するのが国内のアプリストアで数多く公開されている無音カメラアプリ、消音カメラアプリ、マナーカメラアプリと呼ばれるアプリ達です。

しかし、これらのアプリの殆どは現状iPhone7Plusのデュアルレンズカメラに対応していません。

デュアルレンズカメラに対応した無音カメラアプリ

そんな中、個人的探し回った結果やっとiPhone7Plusのデュアルレンズカメラに対応した無音カメラアプリを見つけることが出来ました。

それがBestshotというアプリ。

ushigyu.net

120円の有料アプリですが、ちょうとこの記事を書いている11月23日と24日に限定して無料キャンペーン中になっています。

25日以降も半額キャンペーンを行うようです。

数日前に120円で購入した私にとってはもう少し待っていればと思ってしまいますが、光学2倍の撮影が無音で出来る希少なカメラアプリになので後悔はしていません。

Bestshotでの光学2倍利用方法

Bestshotアプリを起動すると下記のような画面になります。

画面上の虫眼鏡部分をタップすると、広角側と望遠側レンズが切り替わります。

f:id:Uranff:20161123192603j:plain

f:id:Uranff:20161123192848j:plain

後は、標準カメラアプリ同様のシャッターボタンをタップするだけでまったくシャッター音することなく光学2倍での撮影ができます。

また、料理の写真や風景の写真を撮影するためのモードも用意されているので、シンプルなUIながら使い勝手がよいアプリとなっています。

iPhoneの標準カメラアプリだと光学2倍になるとは限らない

iPhone7Plusの標準カメラアプリだと、画面上で2xとなっていても撮影された写真を確認すると実は望遠のレンズではなく、広角側のレンズで撮影される場合があります。

即ち、デジタルズームして撮影しているということです。

これは撮影した写真のExif(イグジフ)情報を確認することで分かります。

標準カメラアプリ画面上で2xになっている状態で撮影した写真のExif情報を確認するとF値が1.8になっている場合があります。

最初の方で紹介したように望遠側レンズのF値は2.8なので光学2倍で撮影した写真ならExif情報のF値も2.8になっているはず。

それが1.8になっているということは広角側レンズでデジタルズームして撮影したことが分かります。

これは恐らく望遠側レンズのF値が2.8と若干暗いのと手ぶれ補正がないことが影響しているものと考えられます。

即ち、Appleの写真撮影アルゴリズムとしては暗い場所や室内など光が十分に得られないシーンでは、F値が1.8と非常に明るいレンズを備え、尚且つ光学手ぶれ補正がある広角側のレンズで撮影した方がブレにくく、デジタルズームによる劣化を考慮しても望遠側のレンズで撮影するよりも良い写真が撮れるという判断になっているからだと思われます。

これらの推測から考えられるのは、iPhone7Plusのデュアルレンズカメラは光学2倍での撮影を目的としたものではなく、ポートレート撮影機能のために実装されたということです。

Bestshotアプリなら必ず光学2倍になる

一方今回紹介したBestshotアプリなら、私が確認した限りでは同じ条件でも標準カメラアプリなら広角側レンズを使ったデジタルズームされてしまうところ、望遠側レンズを使った写真になります。

前述したように、望遠側レンズの方が必ずしも良い写真になるとは限りませんが、三脚を使うなどして手ぶれを防げば良い写真が撮れることでしょう。

デュアルレンズカメラに対応した他のカメラアプリ

無音ではないですが、iPhone7Plusのデュアルレンズカメラに対応したカメラアプリはいくつか登場しています。

1つがDSLR Camera

DSLR Camera

DSLR Camera

  • Fulvio Scichilone
  • 写真/ビデオ
  • ¥120

もう1つがスローシャッターカメラです。

スローシャッターカメラ (Slow Shutter Cam)

スローシャッターカメラ (Slow Shutter Cam)

  • Cogitap Software
  • 写真/ビデオ
  • ¥240

スローシャッターカメラアプリはその名の通り、スローシャッター撮影を行うアプリなので一般的な写真を撮る人には向いていませんけどね。

mobareco.jp

無音ではないけどiPhone7Plusのデュアルレンズカメラに対応した多機能カメラアプリを探している方は参考にしてみてください。

2016.12.3 追記

あのマイクロソフトが出している無料無音カメラアプリMicrosoft Pixが12月3日のアップデートでiPhone7Plusのデュアルレンズカメラに対応しました。

f:id:Uranff:20161203200411j:plain

ushigyu.net

Bestshotが基本有料のアプリなのに対してMicrosoft Pixは無料アプリなので、まずはこちらを使ってみるのがいいでしょう。