読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

g07レビュー 1万円台でDSDS対応で3GメモリでフルHD&指紋認証ありだけどカメラが全然ダメでした

レビュー
スポンサーリンク

gooスマホg07の箱

以前紹介した1万円台で購入できるDSDS対応且つフルHD&指紋認証ありのスマホg07を12月19日にgooのキャンペーンを利用して通常価格から3000円引きの1万6800円で購入。

simseller.goo.ne.jp

f:id:Uranff:20170103192337j:plain

zbuffer.hateblo.jp

そこから数週間に渡って、カメラなど主要な機能をこれまで使ってきたので、その使い心地を紹介したいと思います。

g07の主要スペックを確認

g07はオクタコアCPUでメモリ3GB、5.5インチのフルHD解像度で指紋認証もあって、最近SIMフリー端末では話題のデュアルスタンバイデュアルSIM(DSDS)に対応しているため、音声SIMとデータ専用SIMを併用して使うことが出来るスマートフォンになっています。

DSDSに対応して1万円台のgooスマホg07

g07のスペック一覧

OS Android 6.0 marshmallow(Android7.0 アップデート対応保証)
CPU MT6750T オクタコア / Cortex-A53 1.5GHz ×4、1.0GHz ×4
ROM/RAM 32GB / 3GB
外部メモリ micro SD/SDHC/SDXC / 最大128GB
サイズ 約152×75.6×7.9 mm
重量 約150g
ディスプレイ 5.5インチ、フルHD IPS液晶、1920×1080、Dragontrail強化ガラス
カメラ アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー容量 3000mAh
ネットワーク LTE:B1(2100) / B3(1800) / B8(900) / B19(800)
W-CDMA:B1(2100) / B6(800) / B8(900)
GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
SIMスロット micro SIM + nano SIM (DSDS対応)
WiFi IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz / 5Ghz)
Bluetooth Bluetooth 4.1
センサー ・A-GPS/GPS
・Gセンサー(加速度)
・近接センサー
・環境光センサー
・電子コンパス
・ジャイロセンサー
その他 ・指紋認証
・USB Type-C OTG (USB 2.0)
・急速充電対応

 

このようなスペックのスマホが税別の定価が1万9800円と2万円を切った価格設定になっており、マニアの間で話題となっているスマホなんです。

しかし、見た目のスペックだけでは本当の実力は分かりません。

実際に使える端末なのか自腹を切って確認してみました。

g07のデザイン・外観

1万円台だけどフルHDのgooスマホg07

1万円台だけど指紋認証がるgooスマホg07

g07の外観デザインはどこにでもあるようなデザインになっていますが、安っぽいデザインではありません。

1万円台という価格ながら、重量もそこまで重くなく、薄さも他のスマホに比べて太いわけではありません。

f:id:Uranff:20170103201632j:plain

また、USB端子もType Cを採用していて急速充電にも対応しています。

f:id:Uranff:20170103201614j:plain

g07のカメラ画質チェック

スマホで1番使われるハードといえばカメラではないでしょうか?

最近はミドルクラスのスマホでもZenfone3などカメラの性能を謳った製品が多く登場するようになってきました。

zbuffer.hateblo.jp

g07のカメラスペックは、背面のメインカメラは1300万画素という情報しか公開されていません。

基本的に画素数しかスペック公開されていない場合は、カメラ性能にあまり期待は出来ません。

スペック表には良い情報しか載せませんから・・

結論を先に言わせてもらえればカメラはおまけのような感じで、個人的意見では使い物になりません。

下に日中g07で撮影した写真とiPhone7で撮影した写真を掲載します。

gooスマホg07のカメラ画質

iPhone7で撮影した風景

上がg07で下がiPhone7です。

g07は全体的に赤みがかっていてまるで何かフィルタを適用したような状態で、実際の場面を描写出来ていません。

別にハイエンド機であるiPhone7と比べてどうかということではなく、ミドルクラスのスマホとくらべても色表現が酷いです。

次に夜間に撮影した写真を掲載します。

g07のカメラ画質夜景編

iPhone7で撮影した夜景

こちらも同じく上がg07で撮影した写真で、下がiPhone7で撮影した写真です。

周りに明かりが少ない厳しい条件での撮影なので、よりカメラの性能差が現れています。

また、g07には光学式手ブレ補正はもちろんのこと、電子式やレーザーオートフォーカスなど手ぶれを補うものが何もないので、日中でもスマホをがっしり固定しないと写真がブレブレになります。

そして、夜間や屋内など光が少ない場面ではまともな写真は撮れません。

1万円台に価格を抑えつつ、DSDSや指紋認証センサー、フルHD液晶などを装備するためにカメラユニットを犠牲にしたのだと思います。

従って、写真をよく撮るという方にg07は向いていません。

指紋認証の精度も良くない

g07の指紋認証センサー

g07は1万円台のスマホにも関わらず指紋認証センサーが搭載されています。

画面がロックされている状態で背面にある指紋認証センサーに指をあてるとロックが解除されます。

しかし、これもカメラ同様かセンサーの性能はよろしくありません。

昨今のミドルクラスのスマホと比べても指紋認証の精度はよくなく、失敗するケースが多いです。

ここもやはり、DSDSやフルHDをはじめ色んな見た目上のスペックを重視したために指紋認証センサーも性能が良くないものが搭載されているのではないかと推測されます。

処理速度・レスポンス

g07のCPUは下記のオクタコアCPUを搭載しています。

MT6750T オクタコア / Cortex-A53 1.5GHz ×4、1.0GHz ×4

CPUのベンチマークテストアプリであるGeekbench4で測定してみるとシングルコアで573、マルチコアで2498というスコアでした。

g07のGeekbench4スコア

これはシングルコアでいえば、3年以上前のミドルクラスであるNexus5にも全然及ばないスコアです。

また、マルチコアでいえば、2年前のハイエンド機であるNexus6と同等のスコアになります。

また総合ベンチマークテストアプリであるAntutu Benchmarkの結果は4万324というスコアでした。

因みに3世代前のiPhoneである5sは6万点となっています。*OSが異なるので単純な比較は出来ませんが

g07のAntutu Benchmarkスコア

ベンチマークはあくまで参考レベルにすべきもので、重要なのは実際に体感してどうかです。

少なくとも、Twitterであったり、LINEであったり軽いものは問題ありませんし、ブラウザでネット検索したいr、youtubeでの動画視聴も問題ありませんでした。

ただ、ベンチマークの結果からゲームなど処理性能が求められるものには適さないでしょう。

プリインストールアプリ

g07のプリインストールアプリ

g07にはgoo関係とOCN関係のアプリがプリインストールされています。

これらはアンインストールできるものもあれば、出来ないアプリもあります。

数としては、ASUSやHuaweiなど他のSIMフリースマホより少し多いような感じがします。

その他g07に関するレビュー記事

g07については既にいくつかのブログでレビュー記事が書かれています。

今回私が評価した内容とは異なっている部分もありますが、色んな方のレビューを見ることで、g07を購入するか客観的に見ることができます。

piza-man.hatenablog.com

www.butsuyoku.top

yasu-suma.net

 

総評

1万円台という価格ながら、今流行のDSDSに対応していて、メモリも3Gあって、ディスプレイもフルHD解像度で指紋認証までついているのは見た目上のスペックとしてはかなり注目していいと思います。

しかし、価格を抑えるために妥協していたり、犠牲にしている部分も必ずあります。

個人的に使ってみた感想としては、指紋認証とカメラについては妥協したんだろうと思っています。

なので、どうしても1万円台でDSDSに対応したスマホが欲しいという方以外はもう1万円出してミドルクラスのスマホを購入した方がコストパフォーマンスは良いと思っています。