読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

金融庁が警告する無登録海外FX会社の利用を積極的に宣伝するマネー報道さんのブログを見て思うこと

FX
スポンサーリンク

はてなブログで多くの読者さんが付いているマネー報道さん(id:MoneyReport)のブログは色々ためになることが書かれていて、参考になるのですが最近気になるのが海外FX会社を利用したことに関する記事が多いことです。

moneyreport.hatenablog.com

海外FX会社の口座開設前に知っておくべきこと

FX自体は何も悪いことはないのですが、海外のFX会社の利用については知っておくべきことがあります。

それは日本の金融庁に対して正式なライセンスを有していないのに日本語などで日本の投資家に対してサービスを行ったり、口座開設を勧誘しているFX会社があり、金融庁からそれらの会社に対して警告がなされていることです。

無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について : 金融庁

そんな金融庁から警告が行われている会社の1つがマネー報道さんがブログで何回か紹介されているXM.COMを運営しているTrading Point社なんです。

無登録海外FXXM.COM

また、同じく紹介されているTitan FXというところも金融庁から無登録業者として警告が行われています。

無登録海外FXのTitan FX

XM.COMは以前は運営会社名であるTrading Pointの名でFXサービスを展開していたのですが、日本の金融庁からの警告が発せられたタイミングでサービス名をXM.COMに変更して今に至っています。

XM.COMやTitan FXのように金融庁からの無登録FX業者という警告があっても営業を続けているところもあれば、日本人顧客向けの営業を止めたところも数多くあります。

日本のFX市場は、日本のFX会社が世界でNo1の取引高を誇ることからも分かるように世界の中でも有望な市場です。

そのため、日本人顧客をなんとしても獲得したいが、日本の法律に従って営業はしたくないというFX会社が無登録で日本人トレーダー向けにサービスを展開している状況です。

現状、無登録FX会社を利用していることで個人が何か罰せられるということは聞いたことはありませんが、脱税などの虚偽はもたれることになりますので利用はオススメしません。

海外FX会社特有の入金ボーナス制度

海外FX会社では入金ボーナスを出すところが多く、入金額と同額をボーナスとして口座に反映するといったところもあります。

しかし、この入金ボーナスを自分の銀行口座に引き出すには様々な条件があったり、そもそも引き出せないところもあるので条件はよくよく確認された方がいいです。

あくまで入金ボーナスは、日本の金融庁によるレバレッジ最大25倍という規制を受けない海外FXで、入金ボーナスにレバレッジを効かせて大きく儲ける(損する)ということが目的になっています。

海外FX会社特有のライフタイムコミッション型アフィリエイト

海外FX会社は日本のFX会社に比べて手数料にあたるスプレッド(通貨の売りと買いのレート差)が広いところがほとんどなのですが、これは海外のFX会社が行うアフィリエイトプログラムが取引毎にアフィリエイターに報酬を支払うライフタイムコミッション型になっているからなんです。

アフィリエイターに支払う広告費のコストを考慮してスプレッドが広くなっているわけです。

海外FXのXMが提供する高額アフィリエイトを紹介 | 海外FXサーチ

ライフタイムコミッション型の最大の特徴は、自分のブログ等経由で新たに海外FXの口座を開設したトレーダーが取引する度にアフィリエイト報酬が半永久的に計上されるため、頻繁にトレードする人をゲットできれば報酬が莫大になるということです。

そのため、金融庁という国の機関が警告を行っているにも関わらず、海外FXの口座開設を進めるブログがあとを絶ちません。

海外FX会社に関する見解とまとめ

個人的には国内だろうが、海外だろうが高いレバレッジを効かせたFX取引はオススメしません。

zbuffer.hateblo.jp

 最近は個人投資家でも自動売買取引を使うことが簡単になりましたが、システムにも絶対はありません。

不足の事態が起きれば一気に自分の資産関係なくロスカットが強制的に行われることがあることは昨年のスイスフランショックで証明済みです。

zbuffer.hateblo.jp