読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

クレジットカード100枚から比較厳選!年会費無料で海外及び国内旅行障害保険が充実しているのはどれか?

クレジットカード
スポンサーリンク

クレジットカード

年会費無料のクレジットカードで海外旅行傷害保険が付いているカードは数多くありますが、国内旅行障害保険が付いている年会費無料のクレジットカードって非常に少なくて貴重だということを知っていますか?

今回はそんな貴重な年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険と国内旅行障害保険が付いているクレジットカードについて比較・紹介していきます。

クレジットカードに付随する国内旅行障害保険

保険金の種類 保険金が支払われるケース
傷害死亡保険金 日本国内にといて旅行行程中の急激かつ偶然な外来の自己による怪我が原因で事故発生の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合。
傷害後遺傷害保険金 日本国内にといて旅行行程中の急激かつ偶然な外来の自己による怪我が原因で事故発生の日からその日を含めて180日以内に身体の一部を失ったり、またはその機能に重大な傷害が残った場合。
傷害入院保険金 日本国内にといて旅行行程中の急激かつ偶然な外来の自己による怪我が原因で事故発生の日からその日を含めて7日経過後においてもなお入院されている場合。
傷害手術保険金 日本国内にといて旅行行程中の急激かつ偶然な外来の事故による怪我の治療のために手術を受けた場合。
傷害通院保険金 日本国内にといて旅行行程中の急激かつ偶然な外来の自己による怪我が原因で事故発生の日からその日を含めて7日経過後においてもなおその事故を直接の原因として、通院されている場合。

出所:楽天カード エース保険

まずはクレジットカードに付いている国内旅行傷害保険の内容についておさらいしておきたいと思います。

クレジットカードによって保険金額や、付随する保険の種類に違いは発生しますが、大体以下の内容になっています。

 

国内旅行傷害保険が付いている年会費無料クレジットカード

カード名 条件 死亡/
後遺傷害
入院 手術 通院
イオンカードゴールド 利用付帯 3000万円 日額5000円 なし 日額3000円
横浜インビテーションカード 利用付帯 1000万円 日額5000円 20万円 日額3000円
リクルートカード 利用付帯 1000万円 なし なし なし
REX CARD Lite 利用付帯 1000万円 日額5000円 20万円 日額3000円
イオンSuicaカード 利用付帯 1000万円 日額3000円 なし 日額2000円

今回100枚のクレジットカードを対象に調査を行ったのですが、年会費無料にも関わらず国内旅行傷害保険が付いていたのは僅か5枚しかありませんでした。

このうちイオンゴールドカードは年会費無料なのですが、入会・発行するにはイオンカードからの招待(インビテーション)が必要で誰でも申し込めるわけではないので事実上4枚しかありません。

*横浜インビテーションカードは、横浜在住とか関係なく誰でも申し込めます。

*イオンゴールドカードはイオンカードを年間100万円以上利用すると招待されます。

 

この中で国内旅行傷害保険が充実しているのはジャックスカードが発行する横浜インビテーションカードとREX CARD Lite(レックスカードライト)となっています。

国内旅行傷害保険が付いている実質年会費無料クレジットカード

カード名 条件 死亡/
後遺傷害
入院 手術 通院
ビックカメラSuicaカード 利用付帯 1000万円 日額3000円 なし 日額2000円
大丸松坂屋カード 利用付帯 2000万円 なし なし なし
SMBC JCB CARDクラシックカード 利用付帯 2000万円 なし なし なし
ブライダルデーカード 利用付帯 1000万円 なし なし なし

参考までに年1回の利用すれば年会費が無料になる実質年会費無料クレジットカードで国内旅行傷害保険が付いているカードについても確認してみましたが、これも僅か4枚しかありませんでした。

これで如何に年会費無料のクレジットカードで国内旅行傷害保険が付いているのが貴重な存在なのかおわかり頂けたと思います。

実質年会費無料クレジットカードの中で国内旅行傷害保険が充実しているのはビックカメラSuicaカードですが、年会費無料の横浜インビテーションカードとREX CARD Lite(レックスカードライト)の方が優れています。

ここまでで年会費無料で国内旅行傷害保険が充実しているクレジットカードがどれなのかは分かりましたが、せっかく作るなら海外旅行傷害保険も充実している方がいいですよね!

年会費無料クレジットカード海外旅行傷害保険

カード名 条件 死亡/
後遺傷害
傷害治療 疾病治療 賠償責任 携帯品損害 救援費用
イオンカードゴールド 自動付帯 3000万円 200万円 100万円 3000万円 30万円 100万円
横浜インビテーションカード 自動付帯 2000万円 200万円 200万円 2000万円 20万円 200万円
リクルートカード 利用付帯 2000万円 100万円 100万円 2000万円 20万円 100万円
REX CARD Lite 自動付帯 2000万円 200万円 200万円 2000万円 20万円 200万円
イオンSuicaカード 自動付帯 500万円 50万円 50万円 なし なし なし
ビックカメラSuicaカード 自動付帯 500万円 50万円 50万円 なし なし なし
大丸松坂屋カード 自動付帯 2000万円 50万円 50万円 なし なし なし
SMBC JCB CARDクラシックカード 利用付帯 2000万円 50万円 50万円 2000万円 15万円 100万円
ブライダルデーカード 自動付帯 2000万円 200万円 200万円 2000万円 20万円 200万円

ということで、上で紹介したクレジットカードについて海外旅行傷害保険の状況を確認してみました。

まず、リクルートカードとSMBC JCB CARDクラシックカードは保険適用受けるのに旅行代金などをそのカードで支払う必要がある利用付帯となっているのに対して、それ以外のカードは持っているだけで自動的に海外旅行傷害保険が適用される自動付帯となっています。

当然自動付帯の方が使う我々にとっては便利です。

ここでも年会費無料のゴールドカードであるイオンゴールドカードが充実していますが、先に紹介したように招待制なのでここでは選択肢から除外。

それ以外を見ていくと、横浜インビテーションカードとREX CARD Lite、そしてブライダルデーカードが充実していることが分かります。

横浜インビテーションカードREX CARD Liteは国内旅行傷害保険も充実しているので、年会費無料のクレジットカードで国内・海外旅行傷害保険が充実しているものを選ぶならこの2つから選択するのが良いです。

 

横浜インビテーションカードとREX CARD Liteの違い

国内・海外旅行傷害保険が充実しているこの2つのカードの違いは、大きくわけて以下の3点です。

  1. ポイント還元率の違い
  2. ショッピング保険の有無
  3. コンシェルジュサービスの有無

ポイント還元率の違い

ポイント還元率についてはREX CARD Liteが1.25%と年会費無料の中でかなり高い還元率を誇る一方、横浜インビテーションカードは0.53%~1.05%と平均的な還元率となっています。

ショッピング保険の有無

横浜インビテーションカードには年会費無料クレカとしては珍しくショッピング保険が付いています。

まさに保険に特化したクレジットカードが横浜インビテーションカードなんですよね。

保険の内容はどんなものかというと、国内外関係なく横浜インビテーションカードで購入した品物について、購入日から90日間、盗難・破損などの偶然な事故によって被った損害を年間100万円(1事故につき自己負担3,000円)まで補償してくれます。

コンシェルジュサービスの有無

横浜インビテーションカードでは株式会社ベネフィット・ワンが提供する優待サービス「J'sコンシェル」を無料で利用することが出来ます。

優待サービスは全国で23万件以上と豊富で、映画を割安で見たりするなど実用的なものも数多くあります。

ベネフィット・ワン優待サービス

 

まとめ・結論

ポイント還元率を重視するならREX CARD Liteが、ポイント還元率は0.53%~1.05%と平均的だけど、ポイント還元率は他のクレジットカードで補って、充実した保険とコンシェルジュサービスを求めるならば横浜インビテーションカードがオススメです。

私の場合、以前は旅行保険が付いていた年会費有料の漢方スタイルクラブカードを使っていたのですが、改悪に伴い解約して年会費無料のP-One Wizカードにメインカードを切り替えました。

zbuffer.hateblo.jp

zbuffer.hateblo.jp

P-One Wizカードは年会費無料にも関わらずポイント還元率が1.5%もあって便利に使っているのですが、旅行傷害保険は国内、海外ともに付いていないので、横浜インビテーションカードを作って保険部分を補おうと思っています。