読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

DTI SIM使用レビュー 通信速度は意外な結果に、そして解約手続きには注意が必要でした

格安SIM
スポンサーリンク

先日紹介したようにDTI SIMの3GBプランが半年間月額費用が無料なので申し込んでいたのですが、本日SIMカードが届いたので早速セットアップして使ってみました。

zbuffer.hateblo.jp

SIMカードはヤマト運輸でポスト投函されていました。

DTI SIM郵送

封筒を開封。

MVNO専用デザインのSIMカード

以前までNTTドコモの回線を利用している格安SIMにはNtt docomoのロゴがありましたが、最近それだとNTTドコモに問い合わせがあったりするなど不都合があることからMVNO用のデザインになるということだったのですが、まったくの無地でそっけない感じです。

MVNOの新しいSIMデザイン

SIMカード以外には、AndroidスマホとiPhoneの場合の設定マニュアルが付属していました。

DTI SIMパッケージ

DTI SIMの気になるネット通信速度は意外な結果に

Nexus5Xとネット通信速度を調べる代表的なアプリであるSpeedtestを使って、普段メインで利用しているワイモバイルのSIMとDTI SIMと同じNTTドコモの回線を利用しているmineoのdプランSIMと比較してみました。

 

測定時間:2015年12月23日19時

測定場所:神奈川県川崎市郊外

 

ワイモバイル:ダウンロード速度 26.72Mbps

ワイモバイルの通信速度

mineoドコモプラン(dプラン):ダウンロード速度 36.14Mbps

mineoドコモプランの通信速度

DTI SIM:ダウンロード速度 9.00Mbps

DTI SIMの通信速度

ご覧のようにDTI SIMのダウンロード速度はワイモバイルや同じNTTドコモMVNOであるmineoに比べるとかなり差があります。この傾向は日中測定しても変わりませんでした。

今回Speedtestで測定していてちょっと不可思議だったのが、DTI SIMだけ一瞬他と同じように30Mbpsを示した後、数値が一気に下がり、そして徐々に数値が上がっていくという現象です。

もしかしたら、IIJなど一部の格安SIMで導入されているバースト転送機能が備わっているのかもしれません。

まだサービスが始まったばかりのDTI SIMなので通信速度も良いかと思っていましたが、他社と比べると残念な結果となってしまいました。

ただし、日常使いには問題のない通信速度なので、半年間無料キャンペーン中は使い倒したいなと思います。

DTI SIMの解約手順と解約日について

さて半年間の無料期間が迫ってきたのでいざ解約しようと思ったら、困ったことになりました。

それは、DTI SIMの場合25日までに解約を行わないとその月に解約できないのです。

DTI SIMの解約はMy DTIから出来ます。

oc.dti.ne.jp

My DTIにログインして契約中のサービスを確認します。

すると下の画像のように自身のDTI SIM契約状況が分かります。

私の場合5月31日まで無料利用期間だったので5月25日までに解約していれば、5月末で解約だったのですが、それを過ぎてしまってからの申請であるため、解約は6月となって6月分の費用が発生します。

DTI SIMの解約手続きと契約状況確認

解約手続きを進めるには「解約」ボタンをクリックします。

DTI SIMの解約手続き

DTI SIM以外の契約がなければ、DTI自体からの退会手続きとなります。

解約理由についての簡単なアンケートがあるので答えて「退会手続きへ進む」をクリックします。

次に解約に関する注意事項が表示されます。

DTI SIMは解約後SIMカード返却要

先ほど紹介した25日までに解約申請をした場合は当月末での解約となって、26日以降だと翌月末の解約になる旨もここで書かれています。

月の途中で解約した場合ですが、日割り計算は行われません。

また、SIMカードは返却が必要となります。

SIMカードの返却は解約月の翌々月25日までに返却する必要があり、返却されない場合は紛失手数料として税込で3240円徴収されるので無くさないように解約したらすぐに返却するようにしましょう。