読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

Android6.0新機能 アプリ毎に位置情報などのプライバシー設定を行う方法

Android
スポンサーリンク

iPhone、iPadで使われているiOSでは以前からアプリ毎に位置情報や写真、連絡先へのアクセスが制御できます。

これに対してAndroidはバージョン5のlolipopまでアプリ毎に位置情報や写真、連絡先へのアクセス制限が出来ませんでした。

そのため、例えば位置情報をONにすると位置情報にアクセスするアプリ全てが位置情報の取得が可能になっていました。

また、アプリの中にはアプリの機能的に本当に必要な権限なの?という物も少なくありませんでしが、アプリインストール時に一括で権限を許すか、インストールを諦めるしか選択肢がありませんでした。

Android6.0で可能なアプリ毎のプライバシー設定内容とは

これが今回のAndroid6.0からiOSのようにアプリごとにアクセス出来る情報を細かく制御できるようになりました。

個人的にはAndroid6.0の新機能で1番重要な機能だと思っています。

ユーザーである私達がコントロールできるのは、SMS、カメラ、カレンダー、ボディセンサー、ストレージ、マイク、位置情報、連絡先、電話といった個人情報やプライバシーに関わるところは大体設定可能です。

これによってGoogleマップでは位置情報を許可するけど、フェイスブックでは位置情報は許可しないという事が可能になりました。

Android6.0 アプリのプライバシー設定手順

アプリ毎のプライバシー設定は、設定>アプリ>歯車アイコン>アプリの権限から出来ます。

Android6 アプリのプライバシー設定画面

Android5からAndroid6.0へアップデート直後はこのように大量のアクセス権が許可されている状態になっています。

SMSなどの項目をタップすると以下のように権限を求めるアプリ一覧が表示されるので、アプリ毎に許可、不許可を設定しましょう。

Android6 アプリのプライバシー設定詳細

尚、アプリに動作に必要な権限を不許可とすると当然アプリは動きません。

例えばSMSやキャリアメールを送るメッセンジャアプリのSMS権限を不許可にすると以下のようにアプリに必要な権限を許可することを求められます。

Android6 プライバシー設定をきつくしすぎた場合

また、Android6.0に対応したアプリの場合、初めてアクセス権限を求める際に以下のように許可するか否かを聞くようになりました。

Android6 プライバシー設定確認画面

プライバシー設定をしっかり行って、安心安全なAndroidライフを送りましょう!